Benesse

RECRUITMENT

スクラム開発による内製化の進行で
大きな裁量で主体的に業務に挑む

井上 功一

大手ITベンダー企業から、2019年中途入社

中学生向け学習アプリ開発のスクラムマスター

  • 教育事業において長年の実績を持つベネッセの強みを生かしながら、スクラムマスターとして、効率的・効果的な開発体制の構築を目指している。
  • コミュニケーションを重視する井上。どのような挑戦をしているのか、話を聞いた。

歴史ある教育事業と
開発部門の橋渡しを

ベネッセの最初の印象はいかがでしたか

入社して驚いたのは女性の管理職が非常に多いこと。入社前から女性が活躍している会社だとは認識していましたが、イメージ通りなんだと実感しました。

戸惑ったのは、企画の進め方の部分です。教材の企画担当者は、これまでの紙の教材づくりのプロセスを前提として話をします。しかも子どものために間違った情報を伝えてはいけないため、絶対にミスが起こらないよう時間をかけて何度も吟味やチェックを繰り返す工程で作業を進めていきます。デジタルの世界では素早くリリースしてユーザーの反応を見ながら改善を続けていくのが一般的。そこの認識に大きな違いがあると感じました。

とはいえ、一概にデジタル開発のフローに寄せればよいというものでもないと思っていました。技術的なことでいえば、教育のことを知らない人でも教育アプリをつくることはできます。それくらいIT技術はコモディティー化している。システムの部分だけでは、差別化ができません。違いを出すには、ベネッセのこれまでの教材づくりの知見こそ必要なはずです。

デジタル開発担当者であれ、教材の企画担当者であれ、目指しているのは子どもたちの成長に寄与することや、ベネッセのビジネスとしての成長ですよね。全体を考えれば、双方の情報格差を埋めるコミュニケーションを取っていく必要があることは明らかです。この橋渡し役こそ自分の役割なのではないかと思っています。

新しい技術で、
ものづくりをしていく楽しさ

今、開発を担当している教材は何ですか

入社して上期に2つ、下期に1つのアプリの開発に関わりました。全てにおいてアジャイル開発のスクラムリーダーを担っています。

上期は中学講座のハイブリッドスタイル「スマート学習室」の中の「紙活用アプリ」の追加開発に携わりました。これは、“たま丸くん”の応援を受けながら、取り組み時間を計測し、紙教材の活用を促すアプリです。

もう一つは、「キミ専用!定期テスト 楽☆暗記」です。もともと外注で開発していたのですが、つくりに問題があったこともあり、内製し改善を図りました。

下期に担当したのは、中学講座の「AI学習アシスタント用スピーカー」です。事業担当者とやりとりをしながら、画面イメージなどを開発メンバーと議論してゼロからつくりあげていきました。私は新しい技術でものづくりをしていくことが好きなので、今回VUI(ボイスユーザーインターフェース)を利用した開発に非常にやりがいを感じています。

挑戦ができる環境で、
先端技術に関わり続けられる

仕事のやりがいはどんなところですか

ベネッセへ入社することで関わることができる領域が広がったと感じています。私が在籍していたようなITベンダーでは、先端技術を使ったデジタル領域は任せてもらうのが難しくなってきています。なぜかというと、社内にエンジニアがいれば内製化したほうが早いし、安いと考えている事業会社が増えているからです。先端技術に携わりたければ、事業会社に入ったほうが手っ取り早いという時代に変わりつつあると思っています。

先端的な開発ができることに加えて、新たな組織づくりにもやりがいを感じています。アプリ開発では基本的にスクラムを採用しています。スクラムとは、アジャイル開発のフレームワークの一つで、短い期間で最大限の成果が出るように自立した少人数チームで開発を進める考え方です。PO(企画の意思決定者)、開発者、そして私の役割であるスクラムマスターで相互に協力し合いながら進めています。

お客様の反応が即座に見えるのも内製化している醍醐味ですね。外注先企業の場合は、「なんでこの機能が必要なんだろう?」と判然としないままにつくり、よくわからないけれどテストをして納品するということも多いと聞きます。内製していればユーザー調査を頻繁に行い、課題を見つけ即座にコード変更ができます。より良いものを責任を持ってつくり上げていく楽しみがありますね。

常に学び、
価値を高めていく組織へ

今後の抱負や夢を聞かせてください

開発に関わる者は、常にスキルや知識を高めていくことが重要です。そのため、デジタル開発部では、派遣で来ているベンダーさんなども一緒に、2週間に1回有志で集まって、勉強会をしています。勉強会では、プログラミング言語やアプリのつくり方などの本を一冊ずつ輪読するスタイルをとっています。例えば、アプリで利用が多くなっているKotlinやSwiftについて、あるいは幅を広げるためにUI/UXデザインや機械学習を取り上げることもあります。一人ひとりのスキルを高めていくことで、社内でより多様な領域の開発へチャレンジしていくことができます。

そして、内製化の利点を活かして、プロセス面でも領域面でも見直しを進め、サービスの一層のブラッシュアップを図っていきたいと考えています。例えば、まだ内製をしている領域は限られているので、我々が担う領域をさらに増やすことができれば、より事業部と一体となった体制にしていくことができるでしょう。一足飛びにはいかないので、学びながら、チームをつくりながら、実績を積み、拡大していきたいです。

私にとっての
「はたらく」

『私にとって「はたらく」とは、自ら行動し、他者を思いやること。それが「楽しさ」につながっている。一方で、「与えられたものだけをこなす」という受動的な姿勢では、仕事の楽しさは生まれないと思う。』

※塩瀬隆之氏(京都大学総合博物館准教授)が、「はたらく」への考えを深める目的で作ったフレーム。反対語・類義語を考えると「はたらく」の多面性を実感する。また、各三語挙げることで個人の価値観が分かりやすくなる。